はじめに

口コミ拡散 相手の反応別対応表


口コミでの拡散も重要! でもなかなか分かってもらえない。そんな時にご活用ください。
※)効果を確証するものではありません。成功か否かは相手の性格や思想にも左右されますので、アドバイス程度に参考になさって下さいますよう、ご了承ください。
※)情報量が多い為、ブラウザバックの煩雑さを考慮し、リンクは全て別ウィンドウで開きます。

はじめに。

●全てに共通して、無理強いや強硬な否定は禁物だという事を覚えておいてください。
好きなものや信じているものを否定されれば、自分を否定されているように感じ、反感を覚えるものです。あなたが敵になってしまっては元も子もありません。否定するのではなく、相手の意見も分かるという理解を見せましょう。その上で、忠告や雑談のうちという形で情報を伝え続けるのが肝要です。
反応が鈍い、または反論してくる相手は、いわば教育や報道によって「マインドコントロール」されているようなものです。無理な否定は、相手との関係を壊しかねません。十分注意してください。
抗議活動は「種まき」と同じです。まずは「興味」という種をまいてください。「情報」は水や肥料。与えられなくても、過剰に与え続けても、芽は出ません。適度な情報を継続して与える事が重要です。それでも覚醒してくれない場合は、相手の「土壌」はかなり悪化しているという事ですから、諦めるのも大事です。「マインドコントロール」を解くのは、専門家でも注意を要します。無理はせず、次の相手へ移る潔さも必要です。

●情報はなるべくソースがしっかりしたものを提示しましょう。ネットやYouTubeなどの動画を見せるのも有効です。ネット環境にない相手にはチラシを活用しましょう。
相手が忙しい立場だったり面倒くさがりな場合は、メールも活用してください。あまり長文にならないよう、情報は小出しに。見せたい情報は必ずURLをコピペして下さい。メールなら自動的にリンクが貼られますから、一手間省ける分、相手もちゃんと情報元を見てくれる可能性が高まります。

では、口コミ拡散、頑張ってまいりましょう!

※ソースが既に削除されているものが多い為、リンク先に個人のブログなどを多用しています。ブログ主の主観や思想が反映された記事である事を、予めご了承ください。
判断は自分で。気になる情報は自分でも検索。メディア・リテラシー大事!


  • 最終更新:2012-02-23 22:02:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード